November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

食生活の楽しみ

こんにちはsonokoです。

私は畑を借りています。山と竹やぶに囲まれた畑で、周囲一帯は自然農が行われています。

雑草は土に還し、草の根で土中に空気の層を作る不耕法を取り入れているので、自然の力で作物が育ちます。

もちろん無農薬で必要最低限の植物性の肥料はあげています。

 

6月頃に植えたサツマイモを掘って、1か月弱寝かせて、やっと昨日食べることができました!

熱した鉄のフライパンにココナッツオイルを入れて、サツマイモをカリッと焼いて、みりん(味の母)、お醤油(杉樽醤油)、カシューナッツ

(アリサン)を砕いたものを水分を飛ばしながら焼き上げます。

自然の甘みがたっぷりのおいしい一品になりました。

 

サツマイモ料理の別バージョンはこちら。

お芋の蔓の薄皮を剥き、焼きあがったお芋と蔓を一緒に炒めて、みりんとピーナツバターを絡めると色んな食感が味わえます。

今の時期ならインゲンを使うのもおいしいです!

TAMISAのお店で買えるみりんやピーナツバターは濃くや甘みなどを出すのに欠かせません。

私はほとんどお砂糖を使わない代わりにこちらを使っています。

ココナッツオイルもふんわり甘い香りになるので、お芋やかぼちゃ、ポップコーンを作る時に重宝しています。

お料理だけでなく手や唇に塗ったり、オイルうがいをしたり色んなことに使えてとっても便利ですよ。

 

我が家の食卓に上るのは、お庭や畑で採れたお野菜、地域で採れたお野菜、関西よつば連絡会さんから届く食材です。

時々、TAMISA近くの平野豆腐さんでお揚げさんやお豆腐、おからも買います。

お野菜は、土によって味が違うので自分で土作りをしながら栄養価の高いお野菜を作るのがとても楽しいです。

お料理は土から始まって土に還っていくのを実感しています。

土が好きになって、虫も好きになりました。

20年以上前から有機野菜の宅配を頼んでいたのですが、出てくる虫が怖くてたびたび大騒ぎでした

台所の電気を消して、濃いめのサングラスをかけて、ゴム手袋をしてお野菜をあらっていました(笑)

そんな私ですが今では、虫に興味津々です。

食物連鎖の仕組みを観察したり、土を元気にすると出現する虫の種類が変わったりとほんとに面白いのです。

畑をするのが難しくても、リボーン野菜(豆苗)やキッチンスプラウトも面白くて美味しいです。

カビには気をつけなくてはいけませんが、お米のとぎ汁をあげたり、発酵させたものをあげると色濃く力強く育ちます。

こちらは簡単なのでぜひお試しください。

栽培が好きな方、お話聞かせてください♪

子供だからできないってことはない!

こんにちは、CosyCafeのKayoです。

 

 

先日、NHK今日の料理で有名な「本多京子」先生の講演会のお話を聞きました。

 

 

先生には3歳になる女の子のお孫さんがいます。

その子の為にお食事を作ったり、食事マナーを教えたりするのが日課になっていると話されていました。

 

 

これが、とても微笑ましくて素敵なのです♪

お菓子の時間は、時間とお皿の大きさを決めて、甘いものが重ならないように

飲み物が甘いときはお菓子は甘くないものを、またその逆だったりして

甘いものの取りすぎにならないようにしているそうです。

 

 

これだけ聞いたら、厳しそう〜って思うかもですが、

写真が紹介されていたのですが、

とってもかわいいティーセットで飲まれていて、

正しい飲み方を教えると、子供のほうがちゃんと守って飲む上、

30歳のママに「ママ、飲み方間違ってるよ〜」って言うの。と話されてました。

 

こんな感じのイメージのティーセットでした♡

めっちゃかわいい♪

 

 

 

小さいからできない、理解できないってことはない、

子供のころからできるから大人になってからもできるようになる。

大人になったらできるようになるんじゃないんですよって。

 

 

うちの息子5歳も、お菓子を食べるときにお皿に入れて出すので

袋ごと食べることはしていなかったのですが

ある時、洗い物が面倒でそのまま渡したら、

「ママ、お皿がないよ!」と言われて・・・反省苦笑

子供のほうがちゃんと大人のしていることを見てますね。

 

 

 

 

 

米米・・・・。

こんにちは、CosyCafeのKayoです。

 

米米・・・・クラブって思い浮かんだ人いるんじじゃないかな〜

私、若いころ追っかけぐらいに好きでした♡

最近復活コンサートされていますが、

それではダメで、初期のころのマニアックな米米クラブが好きでした。

 

 

って、そんなことを書きたかったわけではないのですが、

新米の季節ですね♪

お米がおいしい季節ですが、

私は今年は大原の農家さんにお願いして、無農薬、無肥料、ミネラルで

ヒノヒカリという、米の原種に近いものを作付けしていただきました。

 

 

そのお米が無事に手元に届いたのですが、

収穫前、いのししから守るために、夜中の2時から見回りされていたそうで、

ありがたすぎて食べるのに自然と手を合わせてしまいます。

 

米袋を開けた瞬間の匂いが全然違います!

味は、五部づきで食べたのですが、あまり甘くないんですがうま味があっておいしい♪

あっさりしていてもたれない感じです。

炊きあがりのもわ〜っとした匂いもなくて

 

 

よく妊婦さんが米の炊きあがりの匂いがダメっていう方が多いのですが

それ、このお米だとないんじゃないかなと思います。

 

 

 

お米アレルギーを北海道産のお米を食べて発症する方が多いと聞きます。

それは、品種改良をしてたんぱく質が変わっているからだと考えられます。

お米アレルギーの人も原種に近いヒノヒカリだと食べれると聞いたこともあります。

 

 

 

昔の日本人が食べていたものと、今の日本人が食べていたもの、

お米も野菜も全然違ってきてますね。

 

 

 

 

12345>|next>>
pagetop