March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

CosyCafe4月のお知らせ

まだ朝晩寒さ残る中、桜の蕾は着実に春に向かって膨らんでいますね♪

AYA PAPAYAさんより、新しいローケーキが届いています

ショコラ・マルベリー〜安らぎ
マルベリー(桑の実)を食べると幼少時代にタイムスリップするようなどこか懐かしく暖かい記憶がよみがえってくるのです…AYA PAPAYAさんより

ショコラとドライフルーツのハーモニーをお楽しみ下さい♪

《営業時間のご案内》
月−金 11:30-18:00(L.O)
土・日 11:30-17:00(L.O)
 

ママの時間

こんにちはCosy CafeのKayoです。

 

 

よつ葉連絡会×月経血YogaのSonoko×CosyのKayo

 

Yogaと体に優しいよつ葉さんの食材を使ったWSの第3弾を開催しました。

 

今回の食のテーマは「離乳食とおやつ」

 

13組のママ達が集まってくださいました〜〜〜〜〜♪

 

 

 

 





 

子育て中のママさん達とお話ししていると「離乳食どうしたらいいのかな?」って

悩まれている方が多いです。

 

 

 

それと、子供のおやつ

食に興味を持ち始めると、「袋菓子を食べさせていいのだろうか・・・食べさせたくないな」って

ママ達は考えます。

でも、いったい何を食べさせたらいいんだろう・・・・・。

 

 


そんなことを聞く相手もいなくて、一人悶々と・・・・

で、一生懸命作った離乳食なんで食べへんの??????

赤ちゃんしゃべってくれたらいいのに・・・・。

なんて状態になったりします。

 

 

 

しかも、今の保健所の離乳食指導は、数年前と変わっていて、

スタートが5〜6か月。

 

 

 

3人ぐらい産んでるママだと、一番上と一番下は全然保健所が言うことが違〜う

なんで〜〜〜〜〜???とまた悩みます。

 

 

 

赤ちゃんって、成長の差がすごくあります。

それなのに○ヶ月はごっくん期、○ヶ月はかみかみ期って決めつけるのには無理があります。

そうなってしまうのは、集団指導だから、

本来は赤ちゃんそれぞれに応じた対応をしていくのが大事です。

 

 

 

 

 

離乳食のスタート時期が5〜6か月になった理由は、「アレルギーが増えてから」

でも、もともと厚生労働省からの保健所への指導は、「アレルギーの子は離乳食時期を遅めに」という指示です。

しかし、多くの赤ちゃんに対応できない保健所は一括して5〜6か月スタートとしたそうです。

 

 

 

 

 

おっぱいはその子の月齢に応じたおっぱいに変化していきます。

なので、時期をずらせてしまうとその時必要な栄養がとれなくなってしまって

それがかえってアトピーなどのアレルギーを強くしてしまう原因になってます。

最近は、離乳食を遅らせるとおこる問題を指摘する小児科医も増えてきてます。

 

 

 

 

たった数年で指導内容が変更になるって変ですよね・・・。

離乳食のスタート時期、ママご飯からのとりわけのお話しをさせていただきました。

 

 

 

 

試食は、よつ葉さんのおいしいお野菜をたっぷり使って、雑穀を入れたスープ

じゃがもち、甘酒入りココアをご用意しました。

 

 

 

 

おやつは第4の食事と言われています。

お菓子をあげるのではなく、あくまで食事の補助としての位置づけです。

大きくなってきたら、栄養だけじゃなく「楽しみ」の要素も出てくるので

ずっとおむすびやおいもじゃ飽きちゃうけど、

1〜2歳はできるだけスナック菓子はさけたいですね。

 

 

 

上のお子さんと一緒に参加されていたママさんも多く、

子供たちに試食分をとられてなくなってましたあせあせあせあせあせあせ

 

 

このスープ、塩だけで味付けしているんですが、

お野菜のうまみがしっかり出て、優しいけど深い味わいがあります♪

 

 

 

今まで多くのお子さんに食べてもらってますがこのスープはかなり好評です!

 

 

 

子供って正直で、おいしくないと食べません、だから子供に食べさせる時が一番ドキドキします。

でも、こういう味に素直に反応するのも大人より子供の方な気がします・・・。

 

 

次回は5月22日’(月)

「子供の味覚を育てよう〜」というお題で開催予定です。

 

 

 

 

ヨガも大好評で、日頃だっこやおんぶで疲れた体を緩めてリラックス〜〜〜〜。

ヨガする前と終えて出てきたママさんたちの表情が全然違うのが毎回すごいな〜って思います。

 

 

子育てで忙しいけど、忙しいからこそこういう時間を大事に、ママ自身をケアする時間を持ってほしいと思います。

 

 

 

 

ママは家の太陽晴れ
こういうフレーズを昔よく耳にした気がしますが、

子供を産んでから本当にそうだなって実感しています。

 

 

ママが疲れてたり、しんどい時って家の中が暗く感じる。

でも、ママが笑っていると、子供たちも笑うんです楽しい
楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい

 

 

いつも笑っていられるように、おいしいもの体にいいものを食べて、Yogaして

元気に過ごしましょう〜〜〜〜。

 

 

今回も沢山のご参加ありがとうございました揺れるハート









 

優しいカラーの色えんぴつ

BeOrganicのNinaです。

新学期の始まる季節、うちでもお家にある色鉛筆を見直して、ない色を新調していますえんぴつ


LYRAの色鉛筆は柔らかくて本当に使いやすい。
実際に使ってみるととても考えられて作られているのが分かります。

製品へのこだわりが、 特長であるコンフォートグリップの丸みのある三角形。
現代教育学・人間工学の共同研究から開発された三角形の軸は、円や六角形よりも手に触れる面積がはるかに広く、しっかりと握れ、7割くらいの力でスムーズに描くことができるのです。

手の小さい方、力の弱いお子様や年配の方、左利きの方などあらゆる方々に満足できる描き心地。

実際に、描きやすい色えんぴつは、子どもはすごく集中できて、長い時間夢中でお絵描きしているなぁと感じています。

特に太いタイプのグルーブトリプルワンシリーズは、1歳から4歳の現在までかなり使いこみ、他の色えんぴつもあるのに、触れることなく、お気に入りなのです(o^^o)

12345>|next>>
pagetop