December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ママの時間

こんにちはCosy CafeのKayoです。

 

 

よつ葉連絡会×月経血YogaのSonoko×CosyのKayo

 

Yogaと体に優しいよつ葉さんの食材を使ったWSの第3弾を開催しました。

 

今回の食のテーマは「離乳食とおやつ」

 

13組のママ達が集まってくださいました〜〜〜〜〜♪

 

 

 

 





 

子育て中のママさん達とお話ししていると「離乳食どうしたらいいのかな?」って

悩まれている方が多いです。

 

 

 

それと、子供のおやつ

食に興味を持ち始めると、「袋菓子を食べさせていいのだろうか・・・食べさせたくないな」って

ママ達は考えます。

でも、いったい何を食べさせたらいいんだろう・・・・・。

 

 


そんなことを聞く相手もいなくて、一人悶々と・・・・

で、一生懸命作った離乳食なんで食べへんの??????

赤ちゃんしゃべってくれたらいいのに・・・・。

なんて状態になったりします。

 

 

 

しかも、今の保健所の離乳食指導は、数年前と変わっていて、

スタートが5〜6か月。

 

 

 

3人ぐらい産んでるママだと、一番上と一番下は全然保健所が言うことが違〜う

なんで〜〜〜〜〜???とまた悩みます。

 

 

 

赤ちゃんって、成長の差がすごくあります。

それなのに○ヶ月はごっくん期、○ヶ月はかみかみ期って決めつけるのには無理があります。

そうなってしまうのは、集団指導だから、

本来は赤ちゃんそれぞれに応じた対応をしていくのが大事です。

 

 

 

 

 

離乳食のスタート時期が5〜6か月になった理由は、「アレルギーが増えてから」

でも、もともと厚生労働省からの保健所への指導は、「アレルギーの子は離乳食時期を遅めに」という指示です。

しかし、多くの赤ちゃんに対応できない保健所は一括して5〜6か月スタートとしたそうです。

 

 

 

 

 

おっぱいはその子の月齢に応じたおっぱいに変化していきます。

なので、時期をずらせてしまうとその時必要な栄養がとれなくなってしまって

それがかえってアトピーなどのアレルギーを強くしてしまう原因になってます。

最近は、離乳食を遅らせるとおこる問題を指摘する小児科医も増えてきてます。

 

 

 

 

たった数年で指導内容が変更になるって変ですよね・・・。

離乳食のスタート時期、ママご飯からのとりわけのお話しをさせていただきました。

 

 

 

 

試食は、よつ葉さんのおいしいお野菜をたっぷり使って、雑穀を入れたスープ

じゃがもち、甘酒入りココアをご用意しました。

 

 

 

 

おやつは第4の食事と言われています。

お菓子をあげるのではなく、あくまで食事の補助としての位置づけです。

大きくなってきたら、栄養だけじゃなく「楽しみ」の要素も出てくるので

ずっとおむすびやおいもじゃ飽きちゃうけど、

1〜2歳はできるだけスナック菓子はさけたいですね。

 

 

 

上のお子さんと一緒に参加されていたママさんも多く、

子供たちに試食分をとられてなくなってましたあせあせあせあせあせあせ

 

 

このスープ、塩だけで味付けしているんですが、

お野菜のうまみがしっかり出て、優しいけど深い味わいがあります♪

 

 

 

今まで多くのお子さんに食べてもらってますがこのスープはかなり好評です!

 

 

 

子供って正直で、おいしくないと食べません、だから子供に食べさせる時が一番ドキドキします。

でも、こういう味に素直に反応するのも大人より子供の方な気がします・・・。

 

 

次回は5月22日’(月)

「子供の味覚を育てよう〜」というお題で開催予定です。

 

 

 

 

ヨガも大好評で、日頃だっこやおんぶで疲れた体を緩めてリラックス〜〜〜〜。

ヨガする前と終えて出てきたママさんたちの表情が全然違うのが毎回すごいな〜って思います。

 

 

子育てで忙しいけど、忙しいからこそこういう時間を大事に、ママ自身をケアする時間を持ってほしいと思います。

 

 

 

 

ママは家の太陽晴れ
こういうフレーズを昔よく耳にした気がしますが、

子供を産んでから本当にそうだなって実感しています。

 

 

ママが疲れてたり、しんどい時って家の中が暗く感じる。

でも、ママが笑っていると、子供たちも笑うんです楽しい
楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい楽しい

 

 

いつも笑っていられるように、おいしいもの体にいいものを食べて、Yogaして

元気に過ごしましょう〜〜〜〜。

 

 

今回も沢山のご参加ありがとうございました揺れるハート









 

月経血コントロールヨガとお肌すべすべうるおいランチの会

こんにちは、Kayoです。

月経血コントロールヨガとお肌つやつや潤いランチの会が終了しました〜♪












今回は身体が喜ぶ布ナプキンのお話 布ナプキン専門店「REMEDY GARDEN」代表 田上玲子氏さんを
お迎えして、布ナプキンのお話もありました。
私は、ランチの準備でお話の途中から入ったのですが、
布ナプキンの使い方やコツ、夫婦のお話等面白いお話が次々飛び出し・・・・
ぜ〜〜〜〜んぜん、15分では不完全燃焼な感じでした。
ぜひ、またこういう機会を作っていただきたいです、
娘と一緒に私、参加させていただきます!!!



sonoko先生のヨガも、私は参加出来なかったのですが、その後の私のお話の時に
一緒に話せて、月経血コントロールヨガの大事にしている「女性性」のお話も
食事とからめて一緒に話せたのでよかったと思います。


女性が頑張りすぎると(力が入ると)子宮もかた〜くなって、
うまく月経血をコントロールできなくなるそうで、
私がカフェで「必死」になってると「Kayoさん、顔が怖いよ・・・」と・・・。


そう、お料理も焦ると焦がすし、疲れていたり、忙しかったりすると味が付けが濃くなるんです。
きっと子宮も縮こまってるんだろうな・・・・。


気持ちがぎゅっと硬くなってすることってなかなかうまくいかない。
100%の力を出すには力を入れるより抜くことの方が大事なんだなって思います。


私も最近朝にヨガをしているのですが、ヨガした日は体がのびのびして可動範囲が
広がったような気がします。
そうすると、気持ちにもゆとりが生まれて、ホントに良いことばかり♪


tamisaの先生方がいつも素敵な笑顔をキープしているのは
やっぱりヨガが生活の中に取り込まれているんだろうなと思います。
外から中から、両方からアプローチできたら幸せ度がググっ〜〜〜〜っとUPしますよ!
10月にオープンしたVeg Outも毎日進化中!
ヨガはもちろん毎日素敵な先生方がレッスンされているのでぜひ皆さん来てくださいね!
お待ちしています。


参加してくださった皆さん、手伝ってくれたスタッフのみんな、ありがとうございました〜♪










 

月経血ヨガ&むくみとりランチ、食編





こんにちは、Cosy CafeのKayoです。




今日はその子先生とCosy Cafeのコラボ企画
「月経血コントロールヨガとむくみとりランチ会」でし
た。
今回は第二回目でしたが、早々にお申し込みをいただき、
満席になりました〜〜〜〜ありがとうございます拍手



さて、私の方からは「食編」のレポートをさせていただきます。



今回のポイントは

1、梅雨時期の体の様子


2、梅雨時期の体の整え方
  *尿として出す
  *汗として出す
  *胃腸の調子を整え方
  *水毒のチェック


3、季節のものを食べよう
  *利尿、利湿の作用のある食べ物
  *体を温めて熱を発散させる食べ物
  *香りの良い食材で消化を助ける食べ物


4、今回のランチのレシピ&作り方のポイント説明


おまけに
5、夏の養生法



最後の夏の養生に関しては、今回のメニューには当初入れていなかったのですが、
今年5月から真夏のような暑さが続きたために急遽追加しました!



6月に入って、急に「体がむくんでしんどいねん〜」っていう声をよく聞くようになりました。
なんでそもそも梅雨時期にむくみがひどくなるの?
そんな素朴な疑問を持つことから体と向き合うことは始まると思います。


普段何気に飲んでいるお水。



体の60%は水だと言われます。
このお水の取り方によって体は軽くなったり重くなったりします。



世間で流行っている「水飲みダイエット」って本当にダイエットできるのでしょうか?
どんどん飲んだら体の悪いものも流されてスッキリお肌もつやつやに〜って、
本当に実感を伴って飲んでいるのでしょうか?



そもそも海外から入ってきた「水飲みダイエット」は日本の気候、体質には合うのでしょうか?



そして、1日に○○リットル飲む必要があるとするのには無理があると思います。
あなたの職業(外で汗をかくのか、ディスクワークで全然かかないのか)
住んでる環境
年齢、食べるもの・・・・・e・t・c


そんないろんな状況で飲む量は変わってきます。
しかも、体の中の水は単に飲んだ分が外に出るのではなく体の中で循環して一生体から
出ない水もあると言われています。



一般的な「○○健康法」はあなたには当てはまらないことが多いのです。
100人いれば100通りの食べ方、飲み方があると私は思います。



その「あなた」や「あなたの家族」をケアできるのは「あなた」しかいないです。
だから、今の自分の状態を知り、知識を得て、自らの体で実践することが大切だと感じています。


今回のWSでは終わった後にお家ですぐに実践していただけるように
ランチのレシピをおつけしました。
「全部公開しちゃうの???」っていろんな人に言われましたが、
実践できなかったら今回参加していただいた意味がありません。
どんどん実践に取り入れていってくださいね!!!
お友達と作ってシェアできるともっと面白くなりまするんるんるんるんるんるん


カフェで食べていただくのは嬉しいですが、
やっぱり家のご飯を大事にしていただきたいと思っています。
そして今日のレシピ通りにできなくてもOKです。


使う素材、調味料、作る人が変わったら、絶対に同じ味にはなりません。
でも、そのことが家庭の味を作り出し、忘れられない「母の味」になっていくのです。



ぜひ、今回のレシピを素に、おいしい家庭の味を作り出してくださいね。
何か疑問なことがあれば私がカフェにいる時に気軽に質問しにきてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のWSの「食編」の感想を一部ご紹介します。


・ランチはおいしかったのと、Kayoさんの話はわかりやすく、楽しかったです。
 料理だけのWSとかもあれば参加してみたいです。 Y.M様

・ランチについてとても勉強になりました。そして美味しかったです。
 世間で話題になっている情報だけでなく
 正しい知識で体を冷えから守ろうと思いました。K.I様

・ランチにもとっても感動しました。
 薬で体を治すより、食べ物で改善できる!
 そんな力を知り「食」の大切さをしりました。 M.K様

・ランチはまずとっても美味しかったです!!
 夫の影響で自然食などに興味がわき普段の生活で取り入れ始めていました。
 しかし、味付けが単調になりやすく難しさを感じていました。
 今回のランチをいただいて、こんなにも多彩な味わいが出せるのかと驚くとともに
 自分でももっといろいろ勉強して楽しく料理しようと思えました。E.N様


今回、娘さんと親子で参加していただいた方もいました。
妊娠してからではなく、若い時から家族でこういったことを
実践していける家族っていいですね♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回は10月4日(日)
お題は「月経血コントロールヨガとお肌し〜〜〜っとりランチ」です。



秋、空気が乾燥してくる季節です。
お肌を潤す食事をたべることによって、この時期乾燥して風邪を引きやすい
「肺」もうるおしていきます。



今後カフェでのミニお料理の会なども考え中です。
よろしくお願いします。


今日はとても楽しいひと時を過ごすことができました!
参加してくださった皆様、お手伝いしてくださったスタッフのみんなありがとうございました〜〜〜ハートハートハート


「ヨガ編」はsonoko先生からレポートをtamisaのブログにアップされます!
お楽しみに〜〜〜〜〜嬉しい
 


















 
123>|next>>
pagetop