December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

メンテナンスフードを食べよう

こんにちは、ともこです。

 

このあいだ中秋の名月のお月様がきれいでしたね。

月の白い光は心を静かに、そして癒しをくれますラブぴかぴか

 

先日、白砂糖や化学物質の脳における影響を紹介しました。

その続編(?)として、そういうものをとり過ぎたと感じるときに意識する、メンテナンスフードについてお伝えしますね。

 

食品のPH(ペーハー)に目をむけると、弱アルカリ性(PH7.4前後)の食品を食べることがよいとされています。

実は、

 

アルカリ性食品=ナチュラルフード

 

とおおまかにいうことができます。

いまの季節でいうと、

・かぼちゃ

・大根

・ごぼう

・人参

・りんご

・柿

・梨

・ほうれん草

・ビーツ

・豆類 などなど。。。

あとは菜種油、オリーブオイルのような食用油で、化学的な処理のされていない自然な油もおすすめです。

 

つまりは、マクロビオティックでいう「身土不二」と同じで、地元でとれる旬の食材や伝統食品が良いですよー

ということのように思えます。

地産地消、都会では難しい部分もありますが、栄養のある味の濃い旬のお野菜をいただくと、

これ以上のごちそうはないなあというくらい、染み渡ります(私の実家は代々農家で、とってもありがたいのです)

 

これを教えてくれたインド人の先生は、日本での滞在中はベジタリアンとヘルシーな食事を保つことは難しいけれど、

愛と感謝をこめて、そこにあるものをいただくとおっしゃっていました。

 

「量子力学」の世界では「意識が現実を作る」とされます。

目の前の食べ物に、作ってくれた人に、育ててくれた地球に、感謝をしてみると、

消化吸収もぐっとよくなりそうです。

 

知識を得たら、何を食べたら心地よいかなーと、足したり、引いたりしながら調和させていく。

ヨガのアーサナのように、力を足したり引いたりしながら、自分の軸を育て、より生命力あふれる自分を創っていきたいですね。

 

 

今日のごはんランチおのメインはハンバーグ♡

女性におすすめビーツのデリも入っていますよ♪

 

健やかな週末をきのこブルーおてんき

 

 

 

 

 

 

 

 

comments

   
pagetop