November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

オーガニックのお話 後編

こんにちは、SONOKOです。前回はオーガニック食品のお話を書きましたが今回は化粧品などについてのお話です。

日本では様々なお店でオーガニックコスメが販売されています。

見ているだけでも楽しくなりますね

オーガニックの原材料は少しだけで、何種類かの表示指定成分などを使っていてもオーガニックコスメとパッケージに書いてある場合があります。逆にオーガニックでないものを一つでも使っているので、ナチュラルコスメと書いていますという会社もあります。オーガニック、ナチュラル、自然派化粧品などさまざまな呼び方があり、買う側が知識を持って選ぶことが大切です。

 

国による認定ではありませんが、一般社団法人日本オーガニックコスメ協会というところがあります。こちらの協会は国の認定機関ではないのですが、消費者の立場を優先したオーガニックコスメ推奨品の基準を定めてJOCAマークを発行しています。http://joca.jp/こちらのサイトには様々な情報がたくさん掲載されています。

私はラボラトワールアルトー、パーフェクトポーションのオイルやハーブウォーターで手作りしたものを使っています。

精製水や植物性グリセリンなどをプラスするだけで簡単に作れてアルコールの刺激がなく使いやすいです。

手作りで使いきりであればナチュラルなものが作れます。常温で持ち歩く場合は、植物性の防腐剤をいれています。

 

さてラボラトワールアルトーで認証されているのは、現在5つ。どれも信頼性の高い機関からの認証を受けています。

 

The EU Organic Logo

緑の旗にが葉っぱ型についています

EU加盟諸国のオーガニック製品に義務づけられています

 

AB/Agriculture Bio Logique

EU規定のオーガニック認証機関が、無農薬有機栽培(農薬・化学肥料・殺虫剤・除草剤の不使用)を証明するフランス政府認定のマークです。フランス政府が1981年に指針を制定して1985年国家による認定として使われています。

遺伝子組み換え種子、合成着色料、香料、化学調味料、保存料などは使用できません。

製品の一部だけにBIOの原材料を使用している場合はBIOとは認められません。

アルトーでは製造に使う水や洗浄に使う洗剤などもすべてBIO認定をうけています。敷地内のお水は全て浄化システムを通ったものなのでいつでもおいしい水が飲めました

 

QUALITE FRANCE

白地に紺の洗練されたロゴデザイン

フランスの公的機関から認可を受けて、5000以上もの事業者、農業者が生産した原材料、製品の製造法や原材料などの管理、検査、承認を行うリーダー的な検査承認保障機関。有機認証の公的証明書を発行しており公平で厳正な検査を行っています。食品の原材料の分野においてはフランス内外から確かな信頼を寄せられています。

アルトーでは様々な種類のハーブティー、クッキングオイル、食品に香りづけするオイルや子供たちのためのレメディなども製造しています。

 

HECT(Huile essentielle chemotypee)

ケモタイプ精油であることの表示です。

化学種、ケモタイプ植物ともいいます。EUの規定のオーガニック認証機関が無農薬有機栽培を証明するフランス政府認定のマークです。製品のパッケージにケモタイプ名が記されています

 

COSMEBIO

オーガニック化粧品団体の協会ECOSERT(エコサート)が管理するコスメに関する有機認定の一つ

コスメエコ以上に厳しい認定基準をクリアした製品で信頼できる品質であることが保証されています。

お水を含む原料の95%以上が自然原料または天然由来、植物原料の95%以上がオーガニック、完成品の10%以上がオーガニックであること。全ての製品には植物原料の割合、製品に対するオーガニックの割合が記載されています。

 

ラボラトワールアルトーの周囲一帯はオーガニック農業地帯で、キヌア、ヒマワリ、とうもろこし、小麦などが大規模栽培されています。周りから農薬や化学肥料、遺伝子組み換えの種子などが飛んでくる心配がなく安心だそうです。他にもマダガスカル、南アフリカ、ネパールなどで栽培を行っていますがそこでも同じように認証をとっています。工場を作る際は現地の人を雇用しフェアトレードで、木を切らずCO2の排出削減にも気を配っているそうです。

こういった取り組みや信頼できる認証を持っていることが認められて世界中にしられているフランスの有名な化粧品メーカーや薬局、食品メーカーにも原料を提供しています。

シャネルの香水のためにブルージンジャーの栽培もしているそうです。ブルージンジャーの香りはシャープですっきりしていました。

 

先日のアロマヨガではピュリファイブレンドオイル(20酒類ものエッセンシャルオイルがブレンドされたディフューザー用オイル)にラベンダーを加えたものを使用しました。呼吸器系や空気を清浄に保つ効果が期待できるオイルです。エタノールにブレンドオイルを加えてよく混ぜて精製水を加えればルームスプレーができます。小さなスプレー容器にいれてもちあるけば外出先でのトイレクリーナーにも使えますよ!部屋干しするときに使ったり、上着が置いてある空間にスプレーするのもおススメです☆

 

写真はブレンドオイルと、そこに入っているエッセンシャルオイルのうちの数種類です。1本のブレンドにこんなに入っているなんてびっくりしますね。代表で化学者でもあるトーマスがブレンドしたものです。

鼻がとってもよくて何が入っているかぴったりあてるのでびっくりします!

寒くなりますが、窓を開けて換気したりアロマをつかったりしてお部屋の空気をきれいに保ちたいですねニコッ

 

 

comments

   
pagetop