December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

調味料、何選んだらいいのかな〜その1醤油編〜

こんにちは、Cosy CafeのKayoです。

 

 

 

お料理教室をしていると「調味料選びに迷うんです、何使われてますか?」って聞かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんはどうやって選んでますか?

 

 

 

私は、選び方をお伝えします。

 

 

 

裏ラベルを見る習慣はありますか?

原材料名が書かれているところに、その商品を作るときに使った材料が多い順から書かれています。

 

 

この時に、お醤油がどうやって作られているかを知っていたら選ぶことができます。

 

 

基本のお醤油は

 

・大豆

・小麦

・食塩

 

大豆を蒸して、麹菌をつけて、塩を入れて、ゆ〜〜〜〜っくり熟成発酵させて作られます。

大豆は白(クリーム色)ですよね?

じゃあ、なんであんな風にお醤油は黒いのでしょうか?

 

 

麹菌は大豆のたんぱく質をアミノ酸(うまみ成分)に分解していきます

その段階で、どんどん色が黒くなっていくのです。

 

 

高級なお醤油ほど2年、3年熟成されたお醤油はとっても深みのある色とコクのある味にしあがっていきます。

お値段も高級品です。

 

 

ちゃんと熟成させたお醤油は一般的に900ml700〜1000円ほどします。

Be Ogamicで取り扱っている、「杉樽仕込み醤油」丸島醤油は1080円です。

 

 

 

 

 

 

職人さんが大きな樽に仕込んだ醤油を全身を使ってかき混ぜたり、

表面に浮いてきた油をすくいとって発酵を促します。

 

 

 

これって高いですか?

私は、自分でできないな〜って、本当に醤油を食べる時に感謝して食べます。

我が家では、お刺身につけるお醤油をお皿に残したらめっちゃ怒ります!

これは、私の父からそうでした。

昔はとっても貴重だったお醤油やお塩は大切にされてきたのだそうです。

 

 

 

安い醤油は1L、200円代からある時代です、高いと感じるのも無理はないのですが、

内容を知った時に、あなたはどちらを食べたいと思うでしょうか?

 

 

*有名醤油メーカー醤油:1L:368円:脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩、大豆(遺伝子組換えでない)、アルコール

 

 

 

原材料名に脱脂加工大豆とありますが、これは何か知っていますか?

 

 

大豆油を抽出するために、大豆にヘキサンという石油系溶剤をかけます。

油は油を引くので、普通に絞るより沢山の油を搾ることができるんです。

 

 

そのあと残ったものが脱脂加工大豆です。

これは、油を搾った後のものなので安価に手に入ります。

ヘキサンは揮発するということになっています。

 

 

さらに、この脱脂加工大豆は油がない分加工しやすいというメリットもあり、

安くお醤油を作りことができます。

 

 

で、ここで、あなたはどちらを選びますか?ということです。

 

 

私は、いくらヘキサンが揮発するといっても、きっと残留するだろうと思うのです。

 

 

ご飯に石油をかけて食べますか?

それが、あなたの子供だったら食べさせますか?

 

 

ヘキサンはもしかしたら全く無害かもしれません、

でも、ヘキサンは神経系の障害を起こすともいわれています。

 

 

どちらが本当か?

 

 

その答えは、30年、40年後にわかるかもしれません、

もしかしたらもっと後かも???

 

 

私は、危険性のあるものをできるだけ避けてあげたいなと思っています。

 

 

選ぶのは自由です!

安い食材を使ってういたお金でお洋服を買う。

旅行に行く・・・。

それもいいかも???

 

 

私は、おいしいなって思えるものを食べて、健やかに生活したいと思ってます。

そして、今でも丁寧に作っている職人さんを応援する気持ちもあります。

 

 

子供たちが大きくなった時に、ちゃんとした醤油を作っている職人さんが残っていてほしいと願っています。

 

 

 

 

comments

   
pagetop