January 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

月経血コントロールヨガと体温めランチのWS終了しました〜!

こんにちは、Cosy CafeのKayoです。




tamisaのSonoko先生とのコラボ企画ラブ
「月経血コントロールヨガと体温めランチ」のWSが無事に終了しました〜〜〜〜〜!



前半その子先生の座学&月経血コントロールヨガ
その後が「体温めランチと「腎」を温めるお話と盛り沢山な内容でした。



この会を開催するきっかけは、よくCosyを利用してくださるSonoko先生との会話でした。
月経血コントロールヨガに興味があった私は、このヨガについて質問していました。
そんな会話の中で「月経血ヨガで体を緩めるようになったらイライラしなくなった!」
「トイレで経血をおしっこみたいに流す」とか言われてる言葉に「へ〜〜〜〜凄い〜〜〜」と思いました。


43歳になって、生理がもうすぐなくなるから関係ないんじゃない?って言った時も、
「内臓の位置がきちんと整っていると更年期も気にならないよ〜」って言われて
「これ私にも必要〜〜〜〜」って思いました。



お食事で内臓の位置が整ったり、生理痛をなくしたりすることは可能ですが、
原因が食事だけとは限らないです。
そして、食事だけでケアするには限界があると感じていました。


本当の意味での健康には「食事」「運動」「休息、睡眠」の3つのバランスが整うということが必要です。
質の良い血液を「食」で作ったら、「血液」を全身に流すのは筋肉の動きがいるからです。

そしてSnoko先生も同じく、ヨガだけでは限界があると感じると、お食事のことも話がしたいのだけど
教室の中ではヨガをするだけで時間がなくなってしまう。と話されていました。



ではでは、一緒にWSしますか〜〜〜〜グッドていうことになったのです。
おかげさまで、今回初めての企画でしたが21名様という沢山のご参加がありましたハート大小





私の方では「腎を温める食事」のテーマでしました。
東洋医学でいう「腎」は腎臓の泌尿器系と子宮などの生殖器系も含む
腰回りの臓器のことを指します。


腎臓はとっても冷えに弱いのですが、この寒い冬の時期によく働く臓器でもあります。
そこをどうしたら冷えないようにするのか?というお話を「ペットボトル」と
「小麦粉」「玄米」を使って体感と共にお話ししました。


これを準備しているとカフェのスタッフから「何に使うの?」と質問攻めにあいました・・・
「ペットボトルお腹に当ててもらうねん」と言うと「スパルタやな!」と言われましたが、
皆さんも自宅でお試しください、常温のペットボトルをお腹に当てると・・・・。
さて、どんな感じでしょう?
感想はCosyスタッフへ・・・。


それと物にはもともと持っている性質というものがあります。
その性質は調理という手を加えても残っています。

冬にとれる食物は冬の
夏にとれる食物は夏の性質を持っています。

このそれぞれの特徴を知ることによってその時その人に必要なものを
選んでいくのがマクロビオティックの基本的な考え方です。


決して何かに制限をかけるのがマクロビオティックではありません。





 
​参加者様の声

体も食もクセがある、印象的な言葉でした。
少しずつ治せるといいな〜。
E.H様

不調が出ているところだけでなく、体のすべてがつながっているので、
ピンポイントではなく全体的なバランスを感じながら、
取りながら、できることから続けていくのが大切だなと思いました。
E.M様

ランチはとにかくおいしくて感動しました。
塩の取り方、使い方を意識していると調子も変わってきたので
こちらでもまたお話伺いたいです。
Y.K様

コロッケ美味しかったです。玄米も甘くておいしかった。
Y.S様


ランチとてもおいしかったです。
自分でも玄米ご飯を取り入れるところから始めたいです。
M.H様


食にものすごく興味があります。
子供達や大人もコンビニ弁当やスナックの菓子、カップラーメンを
おいしくたべている様子を見ているとすごく心がさみしく思います。
食事は死ぬまでずーと必要で大切なことだと思うので
自分の体も家族、友達など健康でいられるように、これからも
大好きな食事を大切にしたいです。
Y.N様

 


この会で伝えたいことは、食事の制限ではなく、心も体もバランスをとって、
楽しく生きるために、元気よく仕事や育児ができる体を作るにはどうしたらいいかを考える
きっかけになるといいなと思っています。


その他の参加者さんから
自分たちで簡単なものを作る体験などがあれば、
カフェを何度か利用したことがあります。作り方レシピを教えてもらいたい。
マクロビと聞くと敷居が高く感じるけど、日常に取り入れられるメニューがあれば知りたいです。
というご意見も出ていました。


ランチの方は、今回は「腎」をテーマにしていたので黒ゴマ、ひじき、小豆等の黒い食材を中心に
体を温める、雑穀、ごぼう、小豆を使いました。
これを食べて、お家での実践はちょっと難しいと感じた方がいらっしゃいましたが、
これはカフェのメニューなのでぜ〜〜〜んぶ説明無く作れたら
その方をCosyのスタッフとしてヘッドハントします(笑)



お家でもっと簡単に使う方法等日常に気軽に取り入れていける作り方やレシピ、
食の情報などの発信を
今後カフェで開催していく予定です。




余談ですが、今回の会に、以前の職場の同僚が来てくれていました。
Y.Sさんは私のかつての姿をよく知っています。


「人が違う・・・」終わったあとの彼女の感想でした(笑)


かつて喘息でいつも咳をしながらイライラ、ピリピリしていたのをよく知っています。



「食」は人生を変えます。
そんなパワーのある食事をぜひ皆さんにしっていただきたいと思います。




Sonoko先生とのコラボ企画は次回6月7日(日)の予定です。
テーマは「デトックス」梅雨にたまりがちな水分を排出してくれるお食事を考えています。
またブログでアップしていきますのでよろしくお願いします。


参加していただいた皆様、ご協力していただいたtamisaのスタッフ、Cosyぼスタッフの皆、
ありがとうございました〜〜〜〜〜〜拍手


月経血コントロールの部分はSonoko先生がtamisaのブログにUPしてくれています。
あわせて読んでくださいね〜。

 

第三回お座敷ランチレポート


こんにちは。初レポートのレイコです。

今回は毎日の食べ物や飲み物など、栄養を吸収してくれる大切な免疫器官『腸』のお話。

腸が元気だと心も体も元気。
腸が悪いと体調も悪いというくらい、腸内環境は大事。

でも、腸の中なんて見えないですよね?
見えない腸内の様子を知る手がかり・・・
それは・・・そう!!!大便です!!!
毎日の便の状態で、腸内の様子を知ることができます。

では、どういう便が良くて悪いのか、というところからお話はスタートしました。

【良い便】
・1日の排便目安量はバナナ三本分(肩幅分)(内訳は食べカス、腸内細菌、腸壁)
・色は黄色〜茶褐色
・硬さは、形が崩れない程度の柔らかさ
(なお、匂いについては、食べてからすぐに出ると臭くないそうですよ〜)

【悪い便】
・量が足りない(便秘)、または回数が多く液状(下痢)
・黒に近い色
・液状か、コロコロで硬い

特に悪いのは黒のコロコロの便。

そのワースト1の理由が『食生活』だそうです!

お肉や加工食品、甘い物ばかりで野菜や食物繊維をとらない食事を続けると、腸は酸化し悪玉菌を増やします。

悪玉菌が増えてくると・・・
・腸内が腐敗
・毒素や発癌物質の生産
・コロコロ便やガスの形成
・体の抵抗力を弱め、下痢や便秘を引き起こす
といった症状が表れてきます。

そこで、この悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが大切になってきます。

善玉菌が好きな物は、
・食物繊維
・オリゴ糖
・オメガ3
・発酵食品
などなど。

善玉菌が増えると、
・免疫力が高まる
・感染防御
・ビタミン合成
・腸管運動の促進
などの効果があり、また、健康な腸からは様々なホルモンが生産され、脳内神経伝達物質「セロトニン」の9割は腸で作られていると言われています。(セロトニンは幸せ物質とも呼ばれ、足りなくなるとうつ病などを引き起こすといわれています)
そう、腸が健康だと身体はもちろん、心も元気になるのです!!



そうと聞いたら、ぜひとも善玉菌を増やしたいですよね〜!

具体的には、食物繊維も一種類だけでなく、「ごぼう」「豆」「海藻」「きのこ」色んな種類のものを食べるのが良いのです。
食物繊維は腸のお掃除をしてくれますが、掃除には掃き掃除、拭き掃除、ゴミを吸い取ったり洗い流したり、など色々ありますよね。それと同じでそれぞれの役割が違うのだそうです。

お肉を食べたら、その三倍量のお野菜を食べることも心がけてくださいね。
お子様には、ハンバーグにひじきやお豆を混ぜたりの工夫もいいですね☆

また、発酵食品といっても、ヨーグルトは動物性なので、悪玉菌も好きなんですね。効果は+−ゼロといったところだそう・・・

牛乳も、健康飲料と言われていますが、お乳を出すためにホルモン剤を投与し疑似妊娠の状態を作っていると知ったら、そんなに頑張って飲まなくてもいいかな・・・?と思いませんか?
お好きな方は嗜好品として、楽しむ程度だけでいいかもしれません。なるべく豆乳をお勧めします。

あと、気を付けたいのが抗生剤です。悪玉だけでなく善玉も殺してしまいますので、便の出が悪くなります。


本来、日本人の腸は「低脂肪」「高繊維」の食事に適した造りになっていますが、近年急激に食の西洋化が進み「高脂肪」「低繊維」へとシフトしており、それらが様々な不調の原因になっていたりもします。

健康も、美容も、中8割外2割!

もし何らかの不調を感じられたら、まずは便のチェックをしてみて、食事を見直してみませんか?
腸を映し出す鏡の『便』、必ず何かを教えてくれますよ☆


次回は7月16日(水)『ペットボトル症候群』について!
これから夏本番、ついつい手が伸びるペットボトル飲料に何が?!
気になる方はCosyCafeへ〜

 

10月2日(日)マクロビ教室開催しました

 先週の日曜日にKayoさんのマクロビ教室がありました
今回はベーシックということで、玄米ご飯・青菜のナムル・黒ゴマ豆腐・お味噌汁を作りました。


まずは玄米から。Kayoさん持参の可愛いお釜?で炊いていきます。




次は黒ゴマ豆腐。材料を鍋に入れて練るだけなんですよ!とっても簡単♪
冷やして固めたいので最初の方に作っておきます。



参加者さん達が順番に混ぜてくれました♪色も硬さも変わってきましたよ〜!



次はお味噌汁です。切り方も教えていただいて皆で切っていきます。



お味噌汁は蒸し煮にします。甘〜い香りに変わっていくんです♪



青菜はさっと茹でてざるに広げて冷まします。



そして完成したのがこちら!!!
見た目はシンプルですが、食べたら満腹。毎朝食べたいメニューです☆



最後は皆さんで一枚。食事を頂きながら先生のお話を聞けます。
<<back|<123>|next>>
pagetop