April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

New★Raw Power Bar ★

RawPeaceさんより

新作ローパワーバー(RawPowerBar)2種届いております!

 

 

カカオニブの食感が大人の味わい♪

【ダブルカカオ】
(デーツ、レーズン、カシューナッツ、ココナッツシュガー、ココアパウダー、ヒマワリの種、カカオニブ、ココナッツオイル、カカオバター、メープルシロップ)

 

チョコミント好きには染みる!

【ミント】
(デーツ、カシューナッツ、ココナッツシュガー、カカオパウダー、ココナッツオイル、ヒマワリの種、ミントオイル、メープルシロップ)

 

お手軽に食べていただきやすいサイズで、お持ち帰りも可能です◎

 

Raspberry Love♡♡

季節のローケーキ

“Raspberry Love♡”入荷いたしました!

濃厚なラズベリーピンクの愛をお試しください♡

 

明日13日(火)はCafeお休みいただきます。

 

子供が楽しく作れる朝ごはんとお醤油のこと

こんにちは、Sonokoです。

お休みの日の朝の食事、どうしていますか?

私は毎日のお弁当作りから解放!

簡単で楽しく作れるものを5歳の子供にお任せしています。

今日のメニューは

「五平餅風」クルミとピーナッツバター味噌です

 

ご飯をラップにのせて、巻きすで挟んで上からぎゅー、たたみ直して何度かぎゅー

粘土遊びのように楽しんでいます。ご飯同士がしっかりくっつくように体重をかけるのがポイントです。

薄くしたらパリパリのおせんべいのような食感も楽しめます

形を整えて、焼き網にのせてお味噌を塗って焼いて出来上がり♪

 

☆お味噌の作り方☆

クルミをすり鉢ですり、お味噌、味の母(みりん風調味料)でのばします。

ピーナッツバター、コクを出すために黒糖と杉樽醤油を少しいれて混ぜて馴染ませます。

クルミの代わりにゴマをつかうこともあります。

お豆腐田楽やふろふき大根にのせるとお箸がとまりません(^_^)

とても簡単なので試してみてくださいね。

すり鉢の代用には厚手のビニール袋にいれて棒で叩くとすぐに細かくなります。

(薄い袋の場合は穴あき防止のために上に板を置いてから叩いてください。)

 

ナッツ類は栄養が豊富でお料理に使うと味に深みがでるので、満足感をえられます。

味の母(アルコール分の入っていないみりん風調味料)は甘味を出したり、照りを出したり、水分を飛ばして大学芋をカリッと仕上げたりするのに重宝しています。

ピーナッツバターは、青菜とのあえ物やお鍋のつけタレなどにも使います。

 

基本の調味料を丁寧に作られたよいもので揃えると「〇〇のたれ」や「〇〇ふりかけ」が美味しく作れます。

塩分や糖分の調節もできるし安心です。

Be organicでは黒糖、粗糖・シママース(粗塩)・杉樽仕込醤油・味の母(みりん風調味料)をオススメしています。

マルシマの杉樽醤油は海外の人にプレゼントしたら、「今までのお醤油と全然違う。このアロマはすばらしい!!」と大喜びでした。

 

〈杉樽製法のお醤油について〉

「蔵癖」代々使っている蔵の菌「桶癖」代々使っている杉樽の菌で味が作られます。

技術と菌で深みのある濃厚なおいしいお醤油ができるのです。麹菌の働きでたんぱく質やでんぷんがアミノ酸や糖へ分解されていきます。

樽を作る職人さんが少なくなり2011年に「木桶職人復活プロジェクト」を小豆島のヤマロク醤油さんが立ち上げ、桶屋さんに弟子入りされたそうです。木桶の寿命は100〜150年と言われています。現在の醤油樽は戦前につくられたものがほとんどだそうなので、新しい木桶を作り続ける人、木桶を注文する人がいなければ数十年後には美味しい杉樽醤油が食べられなくなってしまいます。

それを危惧して借金をして新桶を注文し、職人も育てるプロジェクトを立ち上げたとのことでした。

小豆島や東かがわのお醤油の蔵めぐりをしたことがあります。それぞれの蔵によって違う味でどこも深みがあり大いに迷いました。ちなみにTAMISAで販売している純正食品マルシマの杉樽醤油は小豆島にて三十石杉桶でつくられています。

 

大量生産のお醤油はタンクを利用してつくり均一な味に仕上がります。色を付けるためのカラメル色素などの色々な添加物が入っているものがほとんどです。良いお醤油はぺろっと舐めただけで「美味しい♪」と幸せな気持ちになります。小さなサイズの杉樽醤油がありますのでぜひお試しください。

 

こちらは東かがわのかめびし創業250年以上の赤い蔵。釜揚げうどんに美味しいお醤油の組み合わせが絶品でした。ピザ釜もあり、京都とご縁のある方が焼いていましたよ!

<<back|<12345678>|next>>
pagetop