October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

玉ねぎの炒め方一つで味が変わる

こんにちは、CosyCafeのKayoです。

 

 

 

 

私はお料理教室をしているのですが、そこでお伝えしているのは、

玉ねぎの炒め方一つで味が変わること。

 

 

前回、無意識と意識というブログを書きましたが、

お料理は一つ一つの動作に意味があります。

 

 

 

玉ねぎ

生のまま水に入れる

炒めてから水を入れる

きつね色になるまで炒めてから水を入れる

あめ色になるまで炒めてから水を入れる

 

 

 

これ、同じ玉ねぎでも全く味が変わります。

 

 

 

もう一つ言えば、エネルギーも変わります。

 

 

 

しっかり火入れしたものには火のエネルギーがこもるので

体を温める作用があったりします。

 

 

 

一つ一つ意識を向けていくと全然変わってきますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無意識と意識と

こんにちは、CosyCafeのKayoです。

 

 

 

カフェにいると、先生方がよく体のストレッチをしている姿を見かけます。

なので、私も〜〜〜〜〜って思って、作業の合間にう〜〜〜〜〜〜んと伸びをしたりしています。

 

 

そんことをしているとSonoko先生が、「せっかく伸びるならこことこことをくっつけて!」と教えてくれたりします。

お〜っと、作用している場所がちょっとしたことで変わります!!!

 

 

「無意識でするのと意識をしてするとじゃ、同じように見えても全然違うよ」って、

ほんとにそうだと思います♪

 

 

私はお食事のことをあれこれしていますが、これも同じだなと思います。

頭で考えるんじゃなく、知識を増やして効果的に使うと、

今まで食べていたことと体の関係性が見えてきたりしてとっても面白いです♪

 

 

Tamisaには、専門的な知識を持った先生方が一杯です!

 

 

 

 

 

 

 

 

春は不調が出やすい季節

こんにちは、CosyCafeのKayoです。

 

 

 

日差しが明るくなって、気分もウキウキな今日この頃です。

 

 

春ってなんだかソワソワしませんか?

春は”気”が上がりやすくいろんな症状が表に出やすい季節です。

 

 

環境も変わることが多いこの時期は、ストレスもためやすい時期。

 

 

肝臓のデトックスのシーズンでもあるので

いろんな吹き出物や、アトピー、アレルギーも出てきます。

 

 

でも、ここで出てきたものを止めると体の中にたまってしまって

かえって悪影響がでます。

 

 

ドーーーンと出し切って、体のデトックスをしてみてくださいね。

 

 

デトックスと聞いて「玄米」を思い浮かべる人も多いと思います。

確かに、玄米に含まれているフェチン酸は放射能も流すと言われるほど解毒力が

強いのですが、同時に必要なミネラル分も流してしまいます。

 

 

玄米は体調に合わせた食べ方が必要です。

マクロでは、玄米を炊くときに必ず塩を入れて、

食べ合わせにひじきやごま塩を必ず食べるのが基本です。

 

 

 

 

でも、これをできるのは健康な人の場合です。

もし何かしらの不調があるときは、普通の玄米は体に負担になる場合もあります。

 

 

 

そんな時は、玄米を炒り玄米や発芽玄米にして食べると消化もよくなります。

我が家では玄米は食べないので(昔は食べていました)5分づきにして、

炒り玄米のふりかけをかけたりして食べています。

 

 

 

無理なくデトックスして、夏に向けて軽やかに動ける体を作りましょう♪

 

 

 

 

<<back|<123456789>|next>>
pagetop